部下との面談が変われば、職場が変わる
あなたも部下もその面談に満足できていますか?

あなたの会社や職場では部下との面談を実施していますか?


ではその面談は機能していますか?


充実した面談ができていますか?

楽しく面談できています?

部下もそう感じていますか?


そして有効活用できているという実感ありますか?



試しに以下のチェックシートを眺めてみてください。

【部下との面談チェックリスト@】

□ 正直、部下との面談がわずらわしい、面倒くさい
□ 不平不満ばかりを言われる
□ 部下が本音を話してくれない
□ 部下との会話が弾まない
□ 面談の中での沈黙が恐い
□ つい自分ばかり話してしまう
□ 面談の時期が憂鬱だ
□ 自分が上手く面談出来ているのか自信がない
□ 部下から追及されるのが恐い
□ 部下への説明や指示が上手く出来ない
□ 他の人がどんな面談をしているのかわからない
□ どうすれば部下がやる気を出すのかがわからない
□ 部下の評価の仕方や目標設定をどうしたらいいのかわからない
□ どんな質問が効果的なのかわからない
□ 的確なアドバイスの仕方がわからない
□ そもそも部下との面談の意義が感じられない
□ 過去の面談にほとんどいい記憶がない
□ 自分も話しをしっかり聴いてもらえたという経験がない



どうですか?

たくさんチェックがついちゃいました?


それではこちらはどうですか?

【部下との面談チェックリストA】

□ 部下から「面談してください。」と言われる
□ 部下から「次の面談がまた楽しみです!」とよく言われる
□ 面談している時は時間を忘れるぐらい楽しい
□ 部下から個人的に相談されることが多い
□ 「○○さんに聴いてもらえてよかったです。」とよく言われる
□ 部下から「○○さんが目標です。」と自分のことをよく言われる
□ 面談をすると部下との一体感を感じられる
□ 面談をすると部下についての発見が多い
□ 面談をして部下の成長を実感できる
□ 部下と面談すると自分も元気になれる



えっ、今度はほとんどチェックがつかない…。


さぁ、今、チェックリストを眺めてみていかがでしたか?

実は、ほとんどの会社や職場で上司と部下との面談が行われています。

しかし、その人たちに、上のチェックリストをやっていただくと、 多くの経営者や管理職、リーダーの方々が あなたと同じような結果になっています。

そう、

「部下との面談は楽しくない…。」
「面談にはいいイメージはない。」
「義務だから行うが苦痛だ。」
「部下との面談は不安だし、自信がない…。」


と答えられます。

そうなんです。当たり前のように職場で行われている「部下との面談」。

でもそれを ちゃんとトレーニングされていることが少ない のです。

だからあなたのせいではないのです。

ただ、これはとてももったいない…。

なぜなら、

「面談は部下との関係を良好にする 大事な機会であるのに、
 それをうまく活用できている 経営者やリーダーは
 意外と少ない。」


ということになるからです。

そこで、以前開催していた 【部下との面談が楽しくなる7つのポイント!】ワークショップ をさらに大幅にバージョンアップして、

【部下との面談パワーアップセミナー】

を開催することになりました。

なぜ、それを開催しようと思ったかと言うと、

「面談は実施しているけれど、
 それが機能している、有効活用できているという実感がない…。」

「面談の仕方なんて学んだことがないし、 トレーニングも受けていない…。」


というあなたと同じような声をたくさんいただいたからです。



■目標設定の面談がたった2分で決裂…

恥をしのんでお話しします。

実は私にも以前、部下との目標設定面談がたった2分で決裂した苦い経験があります。

私は数名の部下と一人ひとり1時間ほど時間を取り、

「今年度はどんなことに取り組みたいか?」
「どんなことを目標とするか?」
「伸ばしたいスキルや身につけたいことはどんなこと?」


などを聴き、じっくり話をしながら面談を進めていました。

はっきり言っていい感じでした。それなりに手応えを感じていたのです。


しかし、ある部下との面談を迎えた時、思いもしない展開が待っていたのです。

「Aさん、今年はどんなことに取り組みたい?
 あなたの考えていることを聴かせてくれないか?」


「別に…。」

「えっ?」


私は一瞬、耳と目を疑いました。そして、再度尋ねたのです。

「いや、みんなから今年チャレンジしたいと思っていることを聴いているんだよ。
自由に話してもらっていいよ。」


「私、そういうのいいですから…。」

「なにっ?それ、どういうこと?

 今年の目標だよ、何もないの?」

「…。」



私のこめかみ付近の血管が音を立ててブチ切れ、机を蹴飛ばして、ひっくり返し…

たいぐらいの憤りを感じましたが、グッとこらえて、

「あっ、そう。じゃあ1週間後にもう一度やろう。
 その時までに考えといてくれ。」


と言って、精一杯の平静を装いながら会議室を出ました。


会議室から出て、廊下を歩いている間、

「ふざけんな!なんだアイツは!
 新人でもあるまいし、それなりの給料もらっているのに、
 何もないとは何事だ!
 せっかく時間を取って聞いてあげているのに…。」


私の心の中での怒りはさらに増大し、しばらくおさまりませんでした。

私にはまったく理解のできない、面談開始から2分足らずの顛末でした。


でも、しばらくしてその本当の理由がわかりました。

私は知らないうちに 大きな間違いを犯していた のです。

大事なことに気がついていなかったのです。




こんにちは、「部下との面談」コンサルタントの
株式会社プロジェクト・ワントゥーワン代表取締役・佐藤真一です。

たくさんの経営者やマネジャーの方々とお話して、

「部下と面談したいと思っていますか?」

と聞いたり、

「部下と面談することにワクワクしますか?」

と聞くと、結構否定的な答えが多いんです。

どうしてかというと、

部下のやる気が感じられない
部下の自主性や積極性が感じられない
部下ができない理由ばかりあげてくる
部下が出来てもいないのにアピールばかりしてくる
部下が何も答えないのでイライラする
部下が自分の意見やビジョンを持っていない
何度言っても伝わらない
面倒くさい

などがあるようです。上司はたいへんですよね。

一方、部下にも言い分があるようです。

面談の目的が不明確
上司が一方的に話し、話を聞いてくれない
なにか取り調べを受けているように感じる
上司が自分の成果や努力を認めてくれない
一方的に上から押し付けられる感じがする
上司が以前伝えたことを何も覚えていない
いつも評価付けされている印象がある
文句ばかりを言われる
緊張する

などなど。

あなたも部下の立場でのこんな経験があるんじゃないですか?

せっかく時間を作って話をするのに、お互いがいいイメージを 持っていないことが少なくないんです。

面談の時期だから仕方なく…
忙しいのに時間作らなくっちゃ、なんだか気が重いなぁ…

あなたがこんな心の持ち方で面談に臨んでいるとしたら、部下がどう感じ取るか、もうおわかりですよね?

いい加減、こんなことやめませんか?

この際、部下との面談をもっと楽しいものに変換してみませんか?

私が上げるポイントを意識して、実行すればこんな悩みは解消して、

○部下の成長をサポートできます
○部下のやる気を引き出せます
○部下の行動を促進します
○部下からの信頼が増します
○部下がチャレンジを始めます
○部下とのコミュニケーションが楽しくなります

そして何よりも…あなた自身が

◎部下との面談を楽しめるようになります!

あなたは自然に部下やスタッフを信頼できるようになり、おのずと彼らのモティベーションが上がり、パフォーマンスはアップします。

そして面談を終えた部下からは、

「なんか今回の面談、楽しかったです。またお願いします!」



「ちょっとやる気が出てきて、ワクワクしてきました!」

なんて声が返ってきますよ。

どうですか?こんな面談にしたくないですか?

目指すところは、そう

”社員や部下の成長のための面談”

これです。

そして、今回のセミナーで扱う内容は以下のとおりです。


1.面談の目的とは?

”社員や部下の成長のため”

表面上の目的(評価、目標設定、採用・異動、キャリア構築、信頼関係の構築など)はいろいろあるでしょうが、根幹の目的をここに置きます。 そして結果的に、

組織やチームの生産性が上がる+楽しくなる!

を達成します。


2.あなたの会社・組織・チームで求められる人材とは?

”経営理念、ビジョン、ミッション”の実現・実践にむけて どんな人材が必要なのかが具現化されていないと…。

決してカッコよくスマートなものではなく、 自らの言葉でわかりやすく具体的に していきます。 なぜなら社員や部下と 本当の意味で共有できなければ意味がない からです。


3.その人材をどのように評価する(している)のか?

”成果≠結果ではなく、行動特性”

思考、行動、判断/検証、改善というサイクルを回せているか。

そして、 成果が出やすい思考や行動を自律的に促進 できているか。

それは 成長のための評価 につながります。


4.評価のポイントとは?

・思い込みをはずす
・思い込みの種類とそのワナ
・”能力”ではなく”能力×行動”
・意図を持って仕組まれた結果の成果なのか否か
・それを社員/部下本人に気づいてもらうには、話してもらう
・レベル感が大事!当たり前じゃなく「おぉ、すごい!」レベル
・過去の事実を収集することに徹する
・そこで陥りやすいワナ

留意するべきポイントをわかりやすくお伝えします。


5.実際の面談の流れとは?

1)取り組んだことの特定と現状把握
2)過程や場面、状況の特定
3)行動事実の把握(具体的な行動、意図など)
4)結果とその後の行動

基本的にはこの2)〜4)を繰り返します

そして、その中でどこをみるのか?

──────────────────
  ・どのような場面、状況で
  ・意図を持って
  ・自分の能力を行動に結びつけ
  ・その結果をどのように解釈し、
  ・次の判断や行動に結びつけたか
──────────────────

ここが経営理念、ビジョン、ミッションと結びついていくのか否か?

使う質問はとてもシンプル
─────────────────────
  「はじめにどうしたの?」
  「どうしてそうしたの(思ったの)?」
  「どんなことに気をつけた(意識した)?」
  「やってみてどうでした?」
  「で、次は?」
  「他には?」
  「それを選んだ理由は?」
  「もっと具体的に聞かせて!」
─────────────────────

特別に難しい質問なんて必要ないんです。
だからポイントさえ押さえれば だれでも実践できます。


6.社員や部下にどんな変化が起こるのか

成果が出せている人と出せていない人との 違いは明確 です。

いずれにしても、
「本人が気づく面談」に徹することで、 社員や部下の成長につながります。




こんな感じです。

ちょっと盛りだくさんでしょうか?

でも、大丈夫です!

あなたの抱えている問題や課題に沿って、 ワークやエクササイズ中心にディスカッションを交えながら 、あなたと一緒に考えていきます。

なので、あなたが解決したい部下との面談の課題を持って参加してください。

◎終了後には、あなたの課題に即したアクションプランが手に入ります!


■クライアントの声をご紹介します。
過去に私のワークショップやセミナーに参加されたクライアントの感想の一部をご紹介します。
ここで取り上げた方々も初めは部下との関係に問題を抱え、苦悩していました。


部下の本心を聞くのが恐かったんです

実は部下の本心がわからず、それを聞くのが恐いと思っていました。

でもこのワークショップに参加して、まずとても楽しくて、面白くて、いろいろなヒントがもらえました。

いろいろな立場や状況でのケーススタディや考え方、視点を知ることができて本当に有意義な時間でした。

終わった時には恐怖感はなくなり、人間って楽しいんだなって思えました。
熊崎様 千葉県(教育関連企業・管理職)


面談に自信が持てなかったのが、楽しみになってきました

面談をしながら途中で、何のための面談なのか、わからなくなっていたことがありました。そして面談に自信が持てなくて…。

でもこのワークショップに参加して、面談するのが楽しみになりました。

参加者の方々と楽しくリラックスしながら学ぶことができましたし、たくさんの気づきをいただけました。

”オートクライン”がとても腑に落ちましたし、それを意識してみようと思っています。
張本様 千葉県(エンターテインメント企業・経営)


「気付かせる」面談ではなかった事を痛感しました

どうしたら部下の成長を導き出せるのか、そんな面談方法はどうしたらいいんだろう。どうコミュニケーションを取ればいいのか、探していました。

実は面談についてのセミナー参加が初めてだったので、最初はちょっと躊躇していたんです。

ただ、今の現状を変えてみたいと思っていましたし、面談のマンネリ化を打破したいとも思っていました。

実際に参加してみて、気づかされたことが多かったです。 今までに行っていた部下との面談は、業務連絡であって、 「気付かせる」面談ではなかった事を痛感しました。

また、他の参加者の方々の悩みを聞いて気づいたこともあり、とても参考になりました。

2週間後に控えている面談で具体的なことを試してみようと思っています。
田口様 東京都(大手サービス企業・管理職)


ワークショップのひとコマ


押し付けているだけだったんです

実は部下の話を聴くということがなかなかできなかったんです。ビジョンや目標は何度も伝えていました。それでいいと思っていました。でも違ってたんですね。私は伝えているつもりでしたが、押し付けているだけだったんです。

本当は部下の話を聴いてあげることが、伝わることにつながる事だったんです。今は部下の夢や話を聴くことが楽しくてしかたありません。ちょっとしたことで大きく変わるんですね。

そして部下の育成を本気で考えられると、自分で抱えていた仕事が自然とシフト出来て、自分の仕事のステージも大きく変わりました。
O様 神奈川県(医療機関経営)


どんな状況でも部下の成長を支援することが私の役割

実は2人の後任店長候補の中から一人に絞らなくちゃいけない時に、2人にどう伝えようかと迷っていました。どう伝えたら2人とも文句が出ないか…。そうです、私は自分が部下からどう思われるかだけに意識がいっていました。

でも、大事なところはそこではなかったんです。今は、2人の成長のプロセスに過ぎない…、どんな状況でも部下の成長を支援することが私の役割であることが再確認でき、逆に楽しくなりました。私の思いは部下にも伝わっているようです。
S様 東京都(サービス業店長)


意識が空回りしていました

医療スタッフと事務スタッフとのつなぎ役のリーダーとして自分できちんとやらないとという意識が空回りしていました。逆に周りが見えていなかったのです。

自分の関わり方を変えて、スタッフと効果的な面談をすることで、一人ひとりの強み/弱みがわかり、信じて任せることが出来るようになりました。何よりも自分が楽になれたことで、業務が好転し始めました。
Y様 神奈川県(病院事務リーダー)


スタッフは自分が思うよりもよくわかっていてくれたんだ

売上目標を達成するためにいろいろな策を講じていましたが、なかなか成果が出ずにイライラしていました。スタッフときちんと向き合うことで、「自分がスタッフのことを信頼していないのが問題の根源だったんだ…。」と気づきました。そして、「スタッフは自分が思うよりもよくわかっていてくれたんだ。」とわかった時は本当にうれしかったです。

自分の視点が変わると、スタッフへ素直に感謝できるようになり、一緒に働けることが楽しく感じられるようになりました。
A様 千葉県(店舗オーナー)


ワークショップ終了後のひとコマ




どうですか?

あなたもこのセミナーに参加して、

部下との関係をよりよいものにしてみませんか?


【部下との面談パワーアップセミナー】


【2017年開催】

■日時:  12/15(金) 10:00〜18:00 東京

■定員:  8名 増席4⇒12名 【残席1】

■費用:

●プレミアムコース:167,000円 (CFC正会員:147,000円)税込
 ・セミナー8時間
 ・グループコンサル60分×3回
 ・個別コンサル45分×6回
 ・無制限メール相談6カ月
セミナー受講後、現場での実践をグループコンサルと 個々の状況に即した個別コンサル6ヶ月間をしっかりとサポートします。

●スタンダードコース:77,000円 (CFC正会員:57,000円)税込
 ・セミナー8時間
 ・グループコンサル60分×3回
 ・無制限メール相談3カ月
セミナー受講後、 現場での実践を3ヶ月間グループコンサルでサポートする標準的でオススメのコースです。

●ライトコース:61,000円 (CFC正会員:42,000円)税込
 ・セミナー8時間
セミナー受講のみのコースで、受講後はご自身で実践していただきます。

●セミナー再受講:19,800円 (税込)

■会場:

【東京】 高輪倶楽部5F セミナールーム「ジュピター」
     東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル5F
     (JR品川駅高輪口より徒歩2分)

高輪倶楽部地図



■その他:
    終了後に希望者で簡単な懇親会を開催予定です。
    別途実費4,000円程度。




部下との面談パワーアップセミナー
参加日程
東京 12/15(金) 10:00〜18:00
参加費(税込)
プレミアムコース:167,000円
スタンダードコース:77,000円
ライトコース:61,000円
CFC正会員プレミアムコース:147,000円
CFC正会員スタンダードコース:57,000円
CFC正会員ライトコース:42,000円
セミナー再受講:19,800円

 ※必須 例:佐藤

 ※必須 例:真一
メールアドレス
 ※必須
◎メルマガ読者の方はご登録済みのアドレスでお願いします。
御社名
 ※必須
所属・役職
 ※必須
例:代表取締役 人事部統括部長
郵便番号
 ハイフンはなし 例:2670066
御住所
 ※必須
懇親会に参加しますか?
する しない ※必須
今現在困っていること、または課題は?
 ※必須
参加するにあたり期待することは?
 ※必須
その他ご質問等ご自由にお書きください。




■なぜ私がサポートできるのか?

今回は、私が培ってきた面談の

心得、ノウハウ、ヒント、失敗談(?)

をすべて出し切ります!

ソニーでの21年間のキャリアの中で、 自ら部下との関係に苦悩 していたなか、徐々に関係を良好にしていきました。 その重要なポイントが 面談 だったのです。

また人事マネジャーとして経営トップや数百人の現場マネジャーの抱える問題と 向き合ってきた実績があります。

さらに、コーチングやカウンセリングで裏づけされ、なおかつ現場で実践してきた確かなコミュニケーション・スキルで、あなたを継続的にバックアップできます。

そんな私だからこそ、あなたをサポートできると思っています。

「部下との面談」コンサルタント
株式会社プロジェクト・ワントゥーワン 代表取締役

佐藤 真一


部下との面談パワーアップセミナー
参加日程
東京 12/15(金) 10:00〜18:00
参加費(税込)
プレミアムコース:167,000円
スタンダードコース:77,000円
ライトコース:61,000円
CFC正会員プレミアムコース:147,000円
CFC正会員スタンダードコース:57,000円
CFC正会員ライトコース:42,000円
セミナー再受講:19,800円

 ※必須 例:佐藤

 ※必須 例:真一
メールアドレス
 ※必須
◎メルマガ読者の方はご登録済みのアドレスでお願いします。
御社名
 ※必須
所属・役職
 ※必須
例:代表取締役 人事部統括部長
郵便番号
 ハイフンはなし 例:2670066
御住所
 ※必須
懇親会に参加しますか?
する しない ※必須
今現在困っていること、または課題は?
 ※必須
参加するにあたり期待することは?
 ※必須
その他ご質問等ご自由にお書きください。




許可無く本文書のコピー・転用を禁じます Copyright (c) 2009- http://www.kankeiryoku.com, All Rights Reserved.